モノクロームフォトグラフ

モノクロ写真が好きです。主に風景の白黒写真を紹介します。

風景写真

これ以上迫ってこないで

真ん中の建物がきゅうくつそうです。右から左から、そして背後から迫られています。もうこれ以上は耐えられません、みたいな。それにしても建物同士の間が狭いこと。見事な建築技術としか言いようがありません。この圧迫感がたまらない人って実は多そうです…

秘密基地に潜入した

謎に包まれた宇宙船の製造基地に、ではなくて。古いデパートの非常階段のフォトです。なにかカッコいい感じがします。ここでアクション映画の撮影なんていいのでは。あとは、テレビヒーロー物の撮影も手に汗握る感でそうです。階段のくの字メタル感はいろん…

チョウチョさんおいしそう

気持ちよく吸い込んでいる感じです。なに味なのか気になります。植物と見事に相利共生していますね。イモムシの幼虫がこんなきれいな姿になるなんて。自然界って不思議だらけです。ひらひらと舞う姿は我々を心穏やかにしてくれます。しつこいようですが、ど…

昔むかしのレンタル屋さん

昭和の頃はビデオテープのレンタル屋さんでした。個人経営の小さなお店が多かったと思います。当時のビデオテープや本がそのまま残されていますね。この中にはもの凄い価値のある品があったりして。いつ頃まで営業していたのでしょうか。アナログからデジタ…

雨雲の上に太陽がいて

黒い雲が荒々しく動きまわっています。そのすぐ上には光り輝く太陽光の差し込みが。この全く違う性質の重なりが強烈です。見た人はみんなオォーって感じでしょうね。広い空がつくりだす圧倒的な景色です。毎日こんな絵画みたいなものはお目にかかれません。…

開店前のアーケード街

人の姿もなく静かな空間です。開店時間前のうえ、閉まっているお店も多いです。昭和時代は賑やかだったんでしょうね。その国にある時の流れがありますもんね。でも、背の高いきれいなビルより味わいがあります。このせわしさのない空気感の方が落ち着きます…

あの夏の日へ

この迫力ある花はまさに夏の王者って感じです。もうすぐ咲き誇る景色が見られることでしょう。蒸し暑さ、入道雲、夕立、照りつける太陽光。そして開きまくるヒマワリの花。暑い季節に絶対必要なアイテムのひとつです。あの黄色が高温多湿の時期にピッタリな…

ひとまたぎでお隣りさん

狭いし近いし境界線ないし、みたいな感じです。互いの家の窓を開ければ簡単に行き来できそうです。ぜひ仲良くやっていただきたいと思います。こうした狭い場所はなぜか反応して見てしまいますね。生き物の本能が自由を奪う窮屈感を嫌うからでしょうか。それ…

お久しぶりにゃ

久し振りにこのネコさんに会いました。顔の黒毛の部分の特徴ですぐに分かります。もう少し白黒バランスよく生えれば、と言いそうになります。大きなお世話にゃ、と言い返されるでしょうね。でも、こちらをしっかり見られるいいヤツです。日陰でのんびりして…

廃墟の王様に会ってきた

圧巻の出来栄えです。この朽ち朽ち感は言葉になりません。土でつくったような崩れた壁とつる性植物。何年落ちの建物なんでしょうか。しかも、繁華街のど真ん中にある一品です。異様なパワーが出まくっています。どうせなら説明ボードを掲げればいいのに。観…

この配線どうしたの

いったい何があったのでしょうか。もういいや、と言わんばかりのおおざっぱ処理。安全性の方も気になります。しかしながら印象に残る壁面となりました。投げやりな感じが一線を越えて芸術品的です。最初に見た時は、うわっ、ときましたが。配線の曲線が美し…

お二人さんなに見てるの

このお二人おそらくムクドリでしょうね。いったい何に関心がいっているのでしょうか。敵を察知したのか、おいしそうな獲物なのか。それにしても息ぴったりの反応です。集団での鳴き声がうるさいと言われがちな彼らです。ですが、害虫を食べてくれています。…

あとが素晴らしい機関車

この鉄のかたまり感にうなってしまいます。やはりカッコいいですね。昭和18年から運用されたD51です。たくさん働いたのでしょうね。当時の走る姿を見ることはできません。ですが、今は公園で迫力の構えを誇っています。そして、遊ぶ子供たちを静かに見…

待ち合わせはハートの下で

下にいる男の子と女の子がイイ感じですね。ここで待ち合わせはいかがでしょうか。ちょっと恥ずかしいですかね。ハートに絡んでいるつる性植物が雰囲気アップです。なかなかシャレたデザインです。すぐさま目に入ります。やっぱり待ち合わせに使ってみては。…

タンポポいっぱいの森

タンポポの種である綿毛でいっぱいです。地面が見えないほどでフワフワしています。息を吹きかけていっせいに飛ばしてみたいですね。今度は空が見えないほどでしょうね。でも、そんな肺活量はもちろんありませんが。それにしても綿の柔らかい感じがいいです…

ツバメさんがやってきた

スィーっとかろやかに飛んできました。羽の先がとんがっていてカッコいいヤツです。9月くらいまで滞在でしょうか。どこの国からの長旅だったのか聞きたいですね。ずっと日本にいればいいのに。でも、震える寒い冬があるから嫌だろうな。その素早いワープ飛…

昭和のお店がイカしてる

この建築デザインがすごくイイ感じです。とにかく印象に残ります。今は営業しているのでしょうか。店内もオープン当時のままならタイムスリップですね。雰囲気よくてお酒もおいしく頂けそうです。素敵なママがいるのか、それともいたのか。会ってみたいもの…

クローバーの花がかわいい

小さな花ですがかれんに咲いています。この小振りで控えめなところがいいのですね。公園などではよく人に踏まれています。でも、またちゃんと咲いています。コンパクトな方が根性がある気がします。植物も動物もそんな感じがしますね。では。(`・ω・´)

今日はまんまるだ

見上げるとキミの微笑みが浮かぶよ港を出る時は何度も振り返っていた気持ちは決めたはずなのに月まで行ってこの地球(ほし)を見おろしてみようかキミの居場所がすぐ分かるだろう見上げたらまたもや月にはまんまる笑顔ムーンライト、オレってダメなヤツ・・・…

ハチさん動きのテンポがいい

花から花へと渡りまくっています。ハチは素早いので撮るのが難しいですね。すぐに頭の向きが変わってしまいます。いい方に考えれば撮影訓練になっていますが。植物が豊富だからハチさんが見られるのですよね。ブンブン飛び交っておくれ。では、また。ヾ(=^▽^…

計器類が渋すぎる

これは機関車のメーターです。計器の針を目で追い、手でバルブを回す。このアナログ感とメタル感がたまりません。人間味あふれる作りが懐かしさを呼びます。ついいじりたくなりますね。このまま残しておいてほしいです。では、また。(*゚∀゚)っ

麦がわんさか育ってる

密集感たっぷりで上に伸びていますね。もう栄養満点に見えます。麦や米をつくる農家さん減らないで。この景色を生きている限り眺めたいから。もっと小麦粉とか使えって、みたいな声が。料理の仕方が分かりません。では、これで。(⌒-⌒)

廃屋の彼方へ

住まなくなってから何年経つのでしょうか。つる性植物が覆っています。なんとも言えない渋みが印象的です。古さの魅力が満載の一品です。時間が過ぎている物は記憶されますね。この感覚はどこからくるのでしょうか。新しくてオシャレな物はすぐ忘れるのに。…

もういちど菜の花

なぜか菜の花はいい感じに撮れます。この花と相性がいいのでしょうか。咲き誇る黄色を見ていると心がクリーンになります。今年も見られてよかったよかった。みんなイエローに染まれ、なんてね。じゃあ、またね。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

地方都市のいい眺め

結構ゴチャっとしています。遠くから見るとプラモデルみたいです。手でトントンと置いていったみたいな。実際にはかなりの手間と年数がかかっている訳ですが。人間てこんなにたくさん造って凄いですね。たまには街全体を見渡すのもいいものです。では、これ…

さびたガードレールの先へ

雰囲気がモナコレース場みたいです。さびたレールと金網がいい味わいを出しています。やはり年数が経っている物の方が何かを感じさせます。この道の先は気持ちの良いカーブの下り坂。明日に向かってさびさびレールの横を抜けていきましょう。では、では。(*・…

特徴あり過ぎの歩道橋

階段部分が何度か角度がついてます。カクカクっとしながら曲がっているんですね。最大の特徴は階段の真ん中でしょうね。盛り上げたコンクリートに鉄パイプの仕切り。左右に分かれて通行する方式です。なかなかこのタイプはないのでは。そして、両側の柵はサ…

あの花が咲くころ

夕暮れ前の街角花壇の横でキミと向かい合うボク唇かんでうつむく二人ボクはうつろな視線で待っているピンクの 花と一緒に未来への答えを照らし始めた歩道の灯りキミの瞳にはゆがんだ景色が映るだけそしてボクたちにサヨナラが近づいてきた・・・こんな感じで…

陸橋は下からご覧ください

下から見ると重みのある迫力です。これだけ大きい物が何年も壊れません。耐久性のある素晴らしい技術です。普段止まって見上げることありませんから。下はこうなっていたのか、みたいな。それと、巨大宇宙船が降りてきた、みたいな。この圧迫感、身が縮みそ…

一度にこんなに見られない

いっぺんに見ようとすればするほど見られません。どのミラーがどこの方向を映しているのか。悩んで勘違いしそうです。ミラーのキャラと汚れたコンクリートのキャラ。両方が強すぎて最強コンビの座は間違いなし。今回はミラーくんが主役です。では、では。(^_…

―スポンサードリンク―